ブロックプリント:オリジナルの木版づくり

2014年秋、インドの首都デリーから飛行機で約1時間、
ANISHAのブロックプリント生地が作られている都市、
ジャイプールへ行ってきました。

西部には砂漠が広がり、色鮮やかな民族衣装を日常的に着られている
ここはブロックプリント(木版捺染)が栄えた場所

Exif_JPEG_PICTURE
インドの綿織物は古代より優れた技術を誇っていましたが、
特にこの地域でブロックプリントが栄えた理由は、16世紀頃からマハラジャ(藩王)達が
権力と富を手にした為と言われています。
マハラジャは贅を尽くして身を飾り、腕の立つ職人を保護して、
華やかで洗練された様々な布を競って作らせました。
その職人の末裔が現在でもブロックプリント職人として未だに伝統を守りながら
素敵なプリント生地を作っているのです。

ブロックプリント。
おそらく多くの方が知らず知らずに目にしたことがあるかと思います。
ブロックプリントとは、ハンコを押していって出来上がるプリントのこと。
プリントの全てが職人さんハンコをひたすらにペタペタ布に押して作られていることは
あまり知られていないのではないかと思います。

brockdm1
Anishaのhigh summerコレクションのテーマは ”from the earth & the sea”
大地と海から。シェルやヒトデをモチーフにオリジナルブロックプリントのデザインを
おこしました。
先ずはブロックプリントの版を作っている工場へ。
秋とはいえまだまだ蒸し暑い気候の中、通りにまでせり出した職人さんたちが
トントンと柄のない彫刻刀と木槌を使い、木から版を彫りだしていました。
その中にANISHAのプリント版も!

india21
日本から送っていたデザイン画を基に、職人さんが1色ごとに1つを、
木を削り版を作っていました。
トントントンと削り、ぐるっと木を回転させまたトントントン。
失敗したらまたゼロから。
ミスが出来ない版を職人さんたちは迷いのない手つきでどんどん彫っていきます。
そして出来上がったのがこちら!!

han1
初めて版を作っている現場(しかも自分のおこしたデザインを!)見ることが出来、感激!
はじめは硬い表情をしていた職人さん達も、私たちの素直な気持ちの高ぶりに気持ちが
ほぐれたのか、最後には恥ずかしそうなこの笑顔!

pea1
私自身もデザイナーとして働く幸せを感じられる瞬間でもあります。
出来上がった商品は是非ANISHAの店頭でみてください!

By Beni : )

item1

関連記事

 
2015.05.15ものづくり / ブロックプリント
201505LUZ5mado
ワークショップ「Luz自由が丘」でブロックプリント体験
Luz自由が丘でブロックプリント体験! 世界にひとつだけのハンカチやポーチ作り。 東京都目黒区のLUZ自由が丘店にて、 GW4月25日、26日、5月2…続きを読む
2014.11.07ものづくり / ブロックプリント
lhw_004_top
ブロックプリント
ブロック(木版)プリントとは、木彫りの版でハンコを押すように一柄ずつ、一色ずつ手作業で生地に捺していく手法の事です。 柄を木に彫り起こすところからプリント完成…続きを読む
2014.11.07ものづくり / ブロックプリント
002_top
インドの伝統的なブロックプリント(木版)のワークショップを開催
2014年10月11.12.13日の3日間,Anisha自由が丘店にて、インドの伝統的なブロックプリント(木版)を使用したワークショップを開催しました。 …続きを読む